防風通聖散、納得の満量処方が激安!

防風通聖散の満量処方

防風通聖散エキスを扱った第2類医薬品は数々ありますが、そんな防風通聖散が【満量処方】なのはそうそう多くはありません。

「生漢煎 防風通聖散」は、原生薬を最大量である27.1g配合した「満量処方」の漢方薬です。

しかも、累計450万包を突破している、そんな「満量処方」の防風通聖散が、今なら驚きの初回半額!

また、定期購入が不安な方でも、回数の縛りはありませんから、いつでも変更・解約がOK!

これならもう、迷うことはないですよね。

こちら⇒ 生漢煎 防風通聖散

 

防風通聖散、満量処方ってどういうこと?

それではここで、満量処方についてのおさらいをしておきます。

満量処方

漢方薬の処方は、料理のレシピの様に1日分の生薬の配合バランスが決められています。

  • 1日分丸々使っている漢方薬を【満量処方】
  • 半分の量を使っている漢方薬は【1/2処方】

と呼ばれています。

防風通聖散の優れた力を引き出す為には、有効成分量(エキス量)ではなく、使用している原生薬の量を見ると良いでしょう。

(※「生漢煎 防風通聖散」公式通販サイトより)

「生漢煎 防風通聖散」は、原生薬を最大量27.1g配合した「満量処方」の漢方薬です。

他社の防風通聖散を比較してみました

「生漢煎 防風通聖散」の満量処方についてはご理解いただけたと思いますが、それでは、防風通聖散エキスを扱った他の商品についてはどうなのでしょうか?

「生漢煎 防風通聖散」は「満量処方」のため、「防風通聖散料エキス」の配合量が多く、1日分あたり4.5gなのに対して、有名どころの他社商品の「防風通聖散料エキス」の1日分あたり配合量は次の通りです;

  • ツムラ 防風通聖散 2.25g
  • 小林製薬 ナイシトール 2.5g

防風通聖散とあわせてはじめたい生活習慣

防風通聖散をダイエットの目的で購入を検討している方も多いことと思いますが、ダイエットを防風通聖散だけに任せっきりにするのは、あまり良い使用方法だとは言えません。

そこでここでは、ダイエットに役立つ生活習慣を、ちょっとご紹介してみたいと思います。

運動習慣

ダイエットの基本はやっぱり体を動かすことです。

でも、はじめからハードな運動メニューをこなそうとすると、えてして長続きはしないものです。

途中でほとんど挫折する運動習慣には次のようなものがあります;

  • 毎日時間を決めてウォーキング、またはジョギングをする
  • 通勤に使う最寄駅を一駅だけ歩く
  • ジムに通ってトレーニング

どれも、最初にしてみればハードルの高い運動習慣と言えるでしょう。

でもこの中で、ジムに通ってトレーニング、ないし水泳などをするというのは、お金を払ってジムに通うという性格上、他の二つに比べれば、まだ継続させるモチベーションを保つことが可能です。

ただそれも、日常生活に負担になりはじめると、契約更新を断念することにもつながります。

やはり、一番いいのは、まずはあなたの生活習慣をしっかり見つめて、その生活習慣に負担にならない程度の運動習慣から始めることです。

どんなことがあるのか?

  • エレベーターを使わずに階段を使う(駅でも会社内でも)
  • 自転車を使うところを、たまには歩いてみる
  • 会社からの帰り道、徒歩の部分を少しだけ駆けてみる

など、ちょっとしたことで構わないのです。

このような習慣を、面倒くさがらずに小まめに続けていくことで、体にも微妙な変化が生じはじめるはずです。

そして、そんなちょっとした体の変化がさらなるモチベーションとなって、あなたを次の運動習慣へのステップへといざなってくれることでしょう。

基礎代謝を上げる生活習慣

“基礎代謝” ということばをご存知でしょうか?

基礎代謝とは、なにもしないでじっとしていても(寝ていても)消費されるエネルギーのことです。

普通はダイエットのために、運動をしたりしてエネルギーを消費させるわけですが、基礎代謝とは、そんな運動をしなくても消費されてしまうエネルギーのことです。

痩せたいと思っている人にとって、こんなに都合のいい話はありませんよね。

この基礎代謝の量は、若い頃はそれなりにあるのですが、年齢を重ねるにしたがって、基礎代謝の量はだんだん減っていってしまいます。

なので人間というのは、歳をとると太りやすくなってしまうのは当然のことなのです。

でも、生活習慣のちょっとした工夫によって、この基礎代謝の量をアップさせることも可能になります。

運動

これは先ほどの話とも重なりますが、運動というのは筋力を維持するためにも大事な生活習慣です。

基礎代謝の約20%は筋肉による消費なので、歩くことや走ること以外でも、筋力をつけるということは、基礎代謝アップには重要なのです。

冷えを改善

体を冷やさないで温めてあげることでも代謝の量には影響します。

  • 夏場のエアコンの設定はあまり低くしない
  • 冷たい食べ物・飲み物は避ける
  • お風呂はぬるめのお湯でしっかりとつかる

などの工夫を取り入れて、冷えの改善を心がけましょう。

食習慣

食べないだけが痩せるための食習慣ではありません。

食事をするその “方法” にも、ダイエットに関わる秘密が隠されいます。

皆さんは日ごろ、ただ漠然と食事をしているのではありませんか?

「食べたいものから食べる」

多くの人はこの“欲求”にしたがって食事をすすめていると思うのですが、実は、食事の順番こそが、ダイエットへつながる大きなポイントになるのです。

人間は食事をすると(糖質を摂取すると)「血糖値」が上がるのですが、血糖値が上がると体内にはインスリンが分泌されます。

インスリンは体内の糖質(ぶどう糖)を筋肉や臓器へ運んでエネルギー源とするわけですが、インスリンが体内に大量に分泌されてしまうと、糖を脂肪に変えて蓄積してしまうので、太りやすくなってしまうこともあるのです。

なので、食事のときはなるべく血糖値を急激に上げない(インスリンを過剰に分泌させない)食べ方が重要になります。

どうすればいいかと言うと、次のような順番で食事をすれば、血糖値の上昇を比較的穏やかにすることができるのです。

  1. 汁物・スープ・野菜(食物繊維)
  2. 肉・魚(メインディッシュと言われるもの)
  3. ご飯やパン、めん類(主力と言われるもの)

レストランなどでコース料理を食べるときもこのような順番ではありませんか?

血糖値の上昇をおだやかにすることは、ダイエットを抜きに考えても体にとっては理想的なことです。

コース料理の順番も、体に優しい理に叶った順番を採用しているのかもしれませんね。

 

2018年4月9日 防風通聖散、納得の満量処方が激安! はコメントを受け付けていません。 医薬品