カロリミットの効果を口コミから読み解く方法

 

機能性表示食品になって、ますます大人気のカロリミットですが、その効果のほどが気になるという方も多いと思います。

そこで今回は、カロリミットの大量の口コミの中から、カロリミットの効果を読み解く方法を紹介していきたいと思います。

カロリミットの効果、口コミではどんな感じ?

カロリミットの口コミですが、口コミというのは、出所がはっきりとしているものを見ないことには、いくら見ても参考にはなりません。

その点、楽天市場が運営している「楽天みんなのレビュー」は、楽天市場で実際に商品を買った人が投稿する口コミ情報ですから信用がおけます。

今回参考にするカロリミットの口コミ情報は、楽天市場の「ギフト&グルメ北海道」というお店が売っている「カロリミット」の口コミと、

「ギフトマン 楽天市場店」というお店が売っている「大人のカロリミット」の口コミ情報です。

「ギフト&グルメ北海道」さんのお店ではなんと、すでに10000件を超える「カロリミット」の口コミが寄せられていました。

また、「ギフトマン 楽天市場店」さんのお店では、200件近くの「大人のカロリミット」の口コミが寄せられていました。

それぞれの販売ページの買い物かごの下にある「商品レビューをみる」というボタンをクリックすれば、「カロリミット」、「大人のカロリミット」の口コミが見放題になります。

こちら⇒カロリミット90回/3袋/360粒

こちら⇒大人のカロリミット 約90回分/1袋30日分×3袋set 計360粒

それで、口コミ情報のページには、キーワードによる絞り込み機能がついていますので、そこに「効果」と入力すると、カロリミットの効果に言及した口コミがズラーッと並んで閲覧できます。

実際に商品を購入した人が、その効果についてどのような感想を持っているのか、これを見れば一目瞭然となります。

みなさんもぜひ試してみてください!

「カロリミット」と「大人のカロリミット」の違いは?

「カロリミット」は知っていても、「大人のカロリミット」という言葉は初めて聞いたという方も多いかもしれません。

ここで、「カロリミット」と「大人のカロリミット」の違いについてご紹介してみたいと思います。

【カロリミット】

特に代謝の低下が気にならない方で、食事の糖と脂肪の吸収を抑えたい方におすすめです。

【大人のカロリミット】

食事の糖と脂肪の吸収を抑えるとともに、脂肪の代謝低下により、太りやすく痩せにくい年代をサポートする商品です。40歳からの変化を感じる方におすすめです。

(※ファンケルのホームページより)

これは、ファンケルのホームページに掲載されていたものなのでおそらく間違いはありません。

「大人のカロリミット」は、40歳を超えて、代謝が落ちて、「なんだか太りやすくなってきなたぁ・・・」とお感じの方にはオススメの商品ということです。

「大人のカロリミット」が1000円で試せるキャンペーン

どうやら「大人のカロリミット」は、現時点ではあまり知名度は高くないようです。

それが原因かどうかは分かりませんが、ファンケルでは「大人のカロリミット」をたくさんの人に知ってもらうために、公式販売サイトでキャンペーンを実施しています。

大人のカロリミット1000円キャンペーン

2週間分と2週間分で、あわせて1ヶ月分が1000円で、しかも初めての方なら送料も無料です。

「大人のカロリミット」の知名度が上がれば、この種のキャンペーンはすぐに終了してしまうかもしれません。

興味のある方は、公式通販サイトをご覧になってみてください。

「大人のカロリミット」の何がどう良いのかも、詳しく説明してくれています。

カロリミットとあわせて始めたい生活習慣

カロリミットの口コミ情報を調べているときに感じたのですが、カロリミットの効果を実感している人は、カロリミットを飲む以外にも、しっかりと体を動かす生活習慣を持っていて、

「それがあるから効果が実感できる」

というふうに、カロリミットとの合わせ技を強調している方多いような印象を受けました。

40歳を超えると、どうしても基礎代謝の量が落ちてしまうので、若いころより太りやすくなったと感じる方が多いと思いますが、落ちてしまった基礎代謝は、日頃から体を動かすことで補うことは可能です。

カロリミットの購入を決断したのでしたら、その効果に対する期待値をアップさせるためにも、日頃の運動習慣は大切になってきます。

というか、カロリミットを始めた以上、同時に運動習慣を身につけないのは、大変もったいないことだと言うこともできるのではないでしょうか?

「でも、何からはじめればいい?」

と言う方のために、ここに簡単に始められる運動習慣についてちょっとご紹介しておきます。

① 運動に慣れる

今までほとんど運動習慣のなかった人は、とてもじゃないですが、いきなりウォーキングやジョギングを始めたところで、十中八九長続きはしません。

そんな方は、まずは体を動かすことに慣れることが先決です。

車での移動が多い方なら、週に1~2度は公共の交通機関を利用してみる。

体を動かすのは通勤のときくらいという方なら、できるだけ階段を使ったり、週に1~2度は一駅の区間を歩いてみる。

また、休日ほとんど体を動かさない人なら、初めは10~20分でいいので近所を散歩してみる。

このようにして、まずは体を動かすことに抵抗がなくなるように習慣づけることが大切です。

② 積極的に体を動かす

体を動かすことに慣れたら、次は積極的に体を動かすことです。

はじめは週に2~3度でいいので、朝少し早く起きて、20分だけウォーキングをする。

それを慣れてくれば週に4~5度。

それができればウォーキングの時間を延ばしてみる。

そしてそれが負担にならなくなったら、ウォーキングをスロージョギングに切り替えていくなど、段階的に体への負荷を増していきます。

最終的な目標は、週に4~5回、3~5キロのジョギングです。

これを継続することができるようになった時には、体にもなにか変化が出てきているはずです。

③ 筋肉量を増やす

筋肉の量を増やすことで、基礎代謝量の維持を目指します。

なにもしていないと、筋肉の量は減っていきますので、歩いたり走ったりするだけでも、なにもしていないときに比べたら、筋肉の量は増えていくか、または維持することができます。

それにプラスして、腹筋や腕立て伏せ、スクワットなど、暇を見つけて少しずつ取り組んでいくことで、筋肉量の維持、または増加を目指します。

これらの筋肉トレーニングは、ウォーキングやジョギングに比べれば比較的短時間でできますので、暇をみつけて頑張ってみましょう。

最初は5回、10回とかでも全然OKですので、無理のない範囲で筋肉トレーニングをする習慣を身につけてみましょう。