funlogy モバイルプロジェクターの激安価格と口コミ

FunLogy モバイルプロジェクター

高画質で動画・ゲーム・映画も楽しめて、1200ルーメンでよく見える。

初心者でも安心な、複雑な操作は必要なし!

持ち歩けるくらいの軽くて小さいそのフォルム。

カメラで撮って、その場でバッチリ投影が楽しめます!

funlogy モバイルプロジェクターは他社と比較しても激安価格

funlogy モバイルプロジェクターが激安価格で買えるのは、こちらの通販公式サイトなんですが、大手家電メーカーのモバイルプロジェクターと比較してもその価格は驚きです。

エプソンの売れ筋EH-TW5650は軽く10万円超え。

sonyのLSPX-P1は8万円超え。

エプソンの低価格帯EB-W05でも5万円超え。

コスパ充実のBenQ HT1070でも5万円超え。

そんな中、funlogy モバイルプロジェクターは激安価格!

しかも、安かろう悪かろうをはるかに凌ぐ、充実のパフォーマンス。

すぐに覚えられる簡単操作は、初心者の方でもいつでもどこでも簡単接続!

自分の部屋を劇場に大変身してみるのもよし。

思い出の投影のシンミリしてみるのもよし。

ゲームを映してみんなでワイワイ、パーティーグッズとしても十分対応。

スリムなボディから飛び出す、その壮絶な世界は観る価値十分!!!

funlogy モバイルプロジェクターの1200ルーメンの凄さ!!!

funlogy モバイルプロジェクターは1200ルーメンというのが大きな強調ポイントになっていますが、このルーメンって、どんな単位かしっていますか?

このルメーンというのは光束の単位で、LED照明の明るさの単位にもこのルメーンは用いられています。

代表的なものとして、一般電球の20W形相当が170ルーメン以上で、30W形は325ルーメン以上、40W形は485ルーメン以上、50W形は640ルーメン以上、そして60W形が810ルーメン以上、というような感じです。

そんな中、funlogy モバイルプロジェクターは1200ルーメンにプラスして、1:10000コントラストに最大解像度1920*1080の美麗画像。

他社の小型プロジェクターと比較してみても、圧倒的なパフォーマンスを維持しています。

コンセントに接続していなくてもwifi接続中でも1200ルーメンですから、真っ暗な部屋でなくても投影が可能。

また、迫力の大画面は最大100インチまで投影可能になっていて、結婚式の余興などでもぼやけず見やすい仕様となっています。

funlogy モバイルプロジェクターの激アツQ&A

機械音痴ですが、てきとーに操作してたらできました。(20代女性)

funlogy モバイルプロジェクターは簡単操作でwifi接続や投影が可能。インストールも必要なく、届いたその瞬間から簡単に投影が楽しめます。

 

軽くて薄いのでクラッチバックにも入れやすいです。仮に投影しなくてもモバイルバッテリーとして使えますし。(30代男性)

funlogy モバイルプロジェクターはiphoneと同サイズなので、かさばりません。おまけに230gと超軽量ですので、使うか使わないか分からない日でも、気軽に持ち運ぶことができます。

 

解像度によっては消費電力が大きいので、モバイルバッテリーが無いと良いところで充電が切れますので注意したほうが良い。(40代男性)

モバイルバッテリーで給電しながら投影できるの充電を気にせずどんどん投影可能です。

 

お昼の教室で使用しましたが、多少明るくてもクリアに見えました!(20代女性)

コンセントに接続していなくても、wifi接続中でも1200ルーメンですから、真っ暗な部屋でなくても投影可能です。

 

本体から出る音は悪くないですが、広いお店だと音が届かないので、スピーカーはあったほうが良いと思います。(40代男性)

音量も調整可能ですし、オーディオアウトもあります。だから、会場や広さや人数に合わせた音量に調整できますし、自分好みの音質を楽しめます。

funlogy モバイルプロジェクターのレビュー

ここまでご紹介してきたfunlogy モバイルプロジェクターの特徴ですが、これってどこまでホント? と疑心暗鬼の人もいらっしゃるかもしれません。

そこで、ここに少しだけ、funlogy モバイルプロジェクターを実際に買った人の口コミレビューをご紹介したいと思います。

実際に買った人のfunlogy モバイルプロジェクターを使ってみた感想ですので、ちょっと物足らない部分も書かれていますが、funlogy モバイルプロジェクターの特徴をうまく言いあらわしている部分もあります。ぜひ参考にしてみてください。

引用元は楽天市場とアマゾンです。

キャンプで映画を観たくて色々迷いに迷いこの商品を購入。
モバイルプロジェクターでバッテリー稼働出来て、映像もそこそこって事でさがしました。当方アイホン6プラス IOS9でWiFi接続なんなく出来ました。音も大変静か、室内で薄暗くすればそこそこ見れます。真っ暗なら申し分ありません。本体スピーカーは頼りないけど聞こえる程度、外部スピーカーが必要かな!でも買って良かっです!(楽天市場みんなのレビューより)

 

忘年会の幹事を担当するので、何か小型プロジェクターがないか探していた所、こちらに辿り着きました。
テストした感想を記載します。

・起動は早く、接続は非常に簡単。悩む事なく設定出来ました。
・画質は綺麗です。明るさも、基本的に暗所で使うので問題ありません。
・凄く軽くて、小さいです。持ち運ぶには最高ですね。コレが1番良かったかも。

後はバッテリーの持ちが少し心許ないですかね〜
ですが総合的に見たら、良い商品と思います。(アマゾン販売サイトより)

 

funlogy モバイルプロジェクターを買うなら通販公式ストアがオススメな理由

funlogy モバイルプロジェクターを買うなら、やっぱりFunLogyの正規品販売店が運営する公式ストアがおすすめです。

なぜなら、FunLogyの正規品販売店が運営する公式ストアなら、

  • 100%本物正規品
  • 日本語説明書
  • 一年間修理保証

もし、公式ストア以外の類似品や並行輸入品だと、メーカー正規販売店保証対象外になります。

ここは重要な注意ポイントですね。

funlogy モバイルプロジェクターの製品仕様

製品サイズ 125×66×19mm
製品重量 0.23kg
光度 400LX (RGB)
光束 1200LM
コントラスト 10000 : 1
標準解像度 854 * 480
最大解像度 1920 * 1080
光源タイプ LED
光源数 3
電球の寿命 30000時間以上
投影サイズ 30 – 100 インチ
投射比 1 : 2 : 1
スクリーンサイズ 16:9 / 4:3
色数 10.7億色
投影方法 正投射
画像モデル JPG、PNG、BMP、GIF
入力インターフェイス USB*1、TF*1、HDMI*1
出力インターフェイス 1*3.5mmイヤホン接続口
コントロールインターフェイス リモコン携帯電話無線コントロール
無線接続 Android5.0以上、アップル全般、WIN8.1無線アクセス(※WIN7はソフトウェアの無線アクセスを要インストール)
製品の騒音 30db以下
電源のパワー 8-12w
電源性能 AC100-240V、50/60Hz、入力5.5V/2.1A
電池容量 4000mAH (5V)
稼働時間 最大1.5時間
USB出力供給電力 5V / 2A
スピーカー 内蔵型デュアルスピーカー 1W*2
レンズ 高透光コーテッドフィルムレンズ
Wi-Fiネットワーク 2.4G、無線Wi-Fi
包装リスト プロジェクター*1体、取扱説明書*1、リモコン、電源アダプター*1本、三脚*1本