八味地黄丸の効果を激安価格で試すには?

薬品生漢煎 八味地黄丸

中高年の方の夜間尿・残尿感、軽い尿漏れ。

このような症状におすすめなのは、サプリメントではなく、効果効能が認められた漢方薬です。

でも効果効能が認められた「第2類医薬品」の漢方薬、特に夜間尿・残尿感など、症状の範囲を限定した漢方薬って、とても高くて手が出せない・・・

そんなふうにお感じの方も多いことと思います。

「高いお金を払って、もし効果が実感できなかったら・・・」

そう思って、漢方薬の購入をどうしてもためらってしまっているあなたへ朗報です。

中高年の方の夜間尿・残尿感、軽い尿漏れに特化した、「第2類医薬品」の漢方薬を、¥1,900.-で試すことができるんです。

もちろん内容量は一ヶ月分。

自分に合う漢方薬かどうかをじっくり試すことができます。

合えば継続して購入すればOK。

合わなければ、定期便ですが、定期コースに回数の縛りはありませんから、次回お届けの10日前まで、いつでも変更・解約が可能です。

いかがでしょう?

試してみなければ、効果のほどは永遠に分かりません。

この機会にぜひ、『薬品生漢煎 八味地黄丸』をお試しになってみませんか?

公式通販サイトはこちら⇒ 薬品生漢煎 八味地黄丸

 

八味地黄丸を試す前に、頻尿についてのおさらい

 

まずは病気としての「頻尿」についてのおさらいです。

症状がひどいケースには、早めに医師の診察を受ける必要があります。

頻尿についてのおさらい

頻尿の目安

頻尿の目安は、一日(朝起きてから就寝まで)で8回以上排尿があることです。

ただ、人間の体はみんな同じではありませんので、個人差というものは当然あります。

一日に8回以下の排尿回数でも、今までの自分を思い起こしたとき、確実に多くなっていると感じるのであれば、それは頻尿の「黄信号」が灯っていると考えてもいいでしょう。

頻尿の主な原因

過活動膀胱

過活動膀胱とは、「尿意切迫感」「夜間頻尿」「切迫性尿失禁」が代表される症状で、日本で800万人を超える男女が罹患する頻度の多い病気であるとともに、40歳を超えた男女の8人に1人が、過活動膀胱の症状をもっていることが、最近の調査で分かってきたようです。

膀胱炎

膀胱炎とは、膀胱内に細菌が侵入して炎症を起こす病気です。長い時間トイレを我慢すると膀胱炎になるって言うのはよく聞く話ですよね。

その他にも膀胱炎は、疲労が重なることによって体の抵抗力が低くなったときや、体の冷えなども引き金になるケースがあるようです。

心因性頻尿

尿意というのは、精神的なことが原因で起きたりすることもあります。

緊張したときにトイレに行きたくなると言う経験をしたことがある方も多いと思いますが、そのような頻尿を「心因性頻尿」といいます。

心因性頻尿を起こす原因は、ストレスや不安、緊張感などさまざまです。

八味地黄丸とあわせてはじめたい生活習慣

薬品生漢煎 八味地黄丸はとても優れた漢方薬ですが、それだけに頼って他にはなにもしないというのでは、気になる症状の改善はうまくいかない可能性だってあります。

お薬の効果の期待値を最大限に引き上げるためにも、体の方を、お薬を引き受けるための万全の体勢に整えておきたいものです。

膀胱炎対策

トイレを長時間我慢するのは禁物です。また、水分は多めに補給して、体を冷やさないようにすることも大切です。

夏場の過度なエアコンの温度なども注意が必要です。

また、外陰部は清潔に保つように心がけたいものです。

心因性頻尿対策

ストレスが頻尿を誘発するケースも多いため、できるだけストレスをためないような生活を心がけたいものです。

とはいっても、ストレスの調整というのはなかなか意識をしてできるものではありません。

なので、趣味を増やしたり、スポーツをして汗を流す生活習慣を身につけるなど、ストレスの発散を意識的に行ってみるのもいいでしょう。

また、尿意に対するストレスを抱かないためにも、出先などではしっかりとトイレの場所を確かめておくといいでしょう。

夜間頻尿対策

コーヒーなどのカフェイン類やお酒には利尿作用といって、尿をよく出るようにする作用があるので、夜間頻尿が気になる方は、このような飲み物は夕方以降にはできるだけ控えるようにしましょう。

また、ぐっすり眠れる睡眠環境も大切です。

寝る間際までスマホやパソコンの操作をしたり、熱いお風呂に入ることは、交感神経を活発にしてしまって、ぐっすり眠る睡眠環境を害するおそれがあります。

就寝前はスマホやパソコンの操作は控えめにする。お風呂も、出来るなら温めのお湯で15分~20分、こうすることで逆に副交感神経を活発にすることができますので、ぐっすり眠る睡眠環境が整うことになります。

他にも、寝る間のストレッチ運動や、アロマ、癒し系音楽などは、副交感神経を活発にしますのでぐっすり眠る睡眠環境を整えるのにはオススメです。

女性の気になる更年期の尿漏れ・頻尿対策

40代、50代の女性、ちょうど更年期にさしかかったくらいの年齢の女性ですが、そんな女性のほとんどの方は、何らかのかたちで尿漏れを経験しているという調査結果があるようなんです。

ですので、まずはっきりさせておかなければならないのは、更年期にさしかかった女性の尿漏れというのは、そんなに珍しいケースではないということです。

深く思い悩んでいる方がいたとすれば、まずはその重荷をちょっと肩からおろしてあげてください。

実は、そんな更年期の女性に特有の尿漏れは、「骨盤底筋群」という箇所の衰えが、主な原因となって発生してしまいます。

骨盤底筋群というのは、骨盤の底にある筋肉が集まったところを指し示して言います。

そんな骨盤底筋は排尿や排便をするのにとっても重要な役割を果たす筋肉なのですが、加齢によってこの部分の筋肉が弱まってしまうと、尿道をひきしめる力も弱くなってしまって、それが引き金となって尿漏れが起こってしまうのです。

では、そんな骨盤底筋群の衰えが原因となって起こる尿漏れや頻尿は、骨盤底筋群を鍛えなおせば改善することは可能なのですが、その効果が期待できるの以下の症状に限られるようです。

腹圧性尿失禁

腹圧性尿失禁はお腹に力が入った時に失禁してしまうケースのことを言います。尿道周辺の筋肉群や尿道を支える靭帯の力の衰えることによって生じる腹圧性尿失禁は、女性の尿漏れの6割以上を占めるといわれています。

切迫性尿失禁

切迫性尿失禁は尿意をもよおしてトイレに行こうとしても、トイレに至るまでに失禁してしまう症状です。切迫性尿失禁は70代以上の女性に多いといわれています。

骨盤底筋群の鍛え方

骨盤底筋群のトレーニング方法は至って簡単。

仰向けに寝転んで、お尻を床から離さないようにして、そのままの姿勢で約5秒間、膣や肛門をギュッとしめるだけです。

5秒経ったら力を抜いて、その動作を5セット繰り返します。

この5秒5セットを、1日10回ほど繰り返せばトレーニングは終了です。

なにも連続して行う必要はありません。

気が付いた時でOKなので、5秒5セットを、1日のうちで気づいたときに合計10回行ってください。

1回3分もかからないと思いますので、これならなんとか出来そうではありませんか?