子供の口臭対策タブレット、今買うべき本物を調査!

子供の口臭対策タブレット

お子さんの口臭対策としてタブレットをお探しの方に、ぜひとも知っていただきたいオススメのトローチがあります。

口臭除去を効能とする口腔咽喉薬(トローチ剤)の臨床評価が、歯科論文として掲載されたということで、その注目度も高まっています。

口臭除去を効能とする口腔咽喉薬(トローチ剤)の臨床評価の歯科論文

販売元の2017年6月のモニター調査では、92.7%の顧客満足度と言うのですから、これは試してみない手はないのではないでしょうか?

幸い今なら、いきなり購入するのではなく、まずは試してみたいと言う方向けに、「10日間全額返金解約保証」がついています。

これならリスクなくトライできるのではないでしょうか?

また、販売サイトには、このトローチをすでに使った方たちの、喜びの声も届いています。

チルドブレッシュ利用者の喜びの声

子供さんの口臭を本気で何とかしたいとお考えなら、ぜひ一度、お試しになってみてはいかがでしょう?

今までの、子供口臭対策タブレットやサプリメントと違って、このトローチは「指定医薬部外品」ですので、今までの商品に満足が行かなかった方には、特にオススメだと思います。

今なら初回限定で960円(税抜)のキャンペーン中です。

↓↓↓コチラ↓↓↓

チルドブレッシュ

キャンペーンは一定数に達し次第、終了してしまいますので、興味のある方はお早めにどうぞ。

子供の口臭対策タブレット、L8020乳酸菌の場合

子供の口臭対策タブレットとして、L8020乳酸菌が入ったタブレットは、今現在多数販売されているようです。

ただ、L8020乳酸菌というのは、むし歯菌・歯周病菌の抑制に効果があるとされる成分ですので、先ほどご紹介したトローチとは、アプローチの方法が全然違うことになります。

L8020乳酸菌でむし歯菌・歯周病菌などの活動を抑え込み、口内環境を整えて、虫歯や歯周病のリスクを減らし、口臭予防も目指そうというアプローチですね。

口臭の原因が歯周病や虫歯にある場合には、これらL8020乳酸菌が入ったタブレットは大きな効果が期待できると思います。

コチラ⇒ メール便送料無料 乳酸菌【学校歯科保健用品推薦】(180粒 約60日分)歯みがき タブレット サプリ むし歯予防のL8020乳酸菌使用 口臭ケア

まあ、口の中には、虫歯菌や歯周病菌以外にも、約400種類以上の細菌がいると言われていますので、L8020乳酸菌でダメなら他の方法を考えなくてはなりません。

子供の口臭対策と生活習慣

お子さんの口臭対策をタブレットなどの商品に頼るのもいいのですが、日頃の生活の上でも、習慣として対策できることがあれば、それはやっておいた方が良いに決まっています。

ここでは、そんな口臭と生活習慣についてまとめてみました。

歯磨き

これは基本中の基本なので、みなさんもすでにきっちりと実践されているとは思いますが、お子さんに、ただ漠然と歯磨きをさせているだけだという場合には、ちょっと注意してみましょう。

注意というのは他でもありません。お子さんが歯磨きを終わったあとの、磨き残しのチェックです。

歯磨きというのは、いい加減にすればいくらでもいい加減にできるものなので、しっかりと歯の隅々まで磨けているかをチェックしてあげる必要があります。

そしてこの、子どものときのしっかりとした歯磨き習慣は、大人になってからでもその習慣はしっかりと残りますので、一生ものの教育だと思えば、チェックする方もやりがいがあると思いますよ。

また、いくら子供でも、歯ブラシだけにこだわる必要はありません。

特に、乳歯から永久歯へと生え変わる時期は、歯並びなども不揃いになることが多く、歯ブラシだけで磨くには、磨きにくい個所が多くでてくる場合もあります。

そんな場合はぜひ、歯間ブラシを使用して、歯の歯の間までしっかりと磨く習慣をつけてあげてください。

口呼吸について

口で呼吸をすることは当たり前のように思いますが、ここにも一つ口臭に繋がるポイントがあります。

子供の中には、いつもポカーンと口を開けたままのお子さんってよく見かけますよね。

いつも口を開けて、口呼吸をしている状態でいると、口の中はいつも乾燥した状態になってしまいます。

そうなると、唾液による自浄・殺菌作用が阻害され、乾燥した状態が大好きな細菌が繁殖してしまう結果を招いてしまいます。

そして細菌の繁殖は口臭の原因を招いてしまうことになるのです。

なので、口を開いていることが多い場合には、できるだけ注意してあげると良いでしょう。

いつもポカーンと口を開けている状態というのは、見た目も良くはありませんし、もしかすると大人になって損をすることも出てくるかもしれません。

ただ、お子さんが花粉症や鼻炎持ちである場合、鼻呼吸ができないために自然と口呼吸をせざるを得ない状況になっているケースもあります。

そんな場合には、いくら注意しても、子供にはどうすることもできないので、そんな場合はまず耳鼻科へいって治療することを優先させなければいけません。

一般的な口呼吸の改善方法はいくつかあって、一番簡単な方法は、口周りの筋肉を鍛えてあげることでしょう。

ガムを噛んだり、風船を膨らませたりすることは、効率的に口の周りの筋肉を鍛えることにつながります。

また、ガムを噛むことは唾液の分泌を促して口臭を防ぐ効果も期待できますので、口臭対策には一石二鳥の方法ともいえるでしょう。

他には、就寝時の寝相にも注意が必要です。

うつ伏せの状態で寝ていると鼻が塞がれて口呼吸になるケースも出てくるので、就寝時はできるだけ仰向けの状態で寝かせるようにしてあげてください。

最後は食事。

毎日の食事に、食物繊維が多く含まれている野菜を多く取り入れることで、噛む回数が多くなり、唾液分泌量の増加が期待できます。

なお、食物繊維に関わらず、食事のときにあまり噛まないですぐに呑み込んでしまうお子さんもよく見かけますが、これは口臭対策だけではなく、その他の健康面でもあまり良い食事方法とは言えません。

食事のときは良く噛んで、ゆっくりと食事をさせるように心がけましょう。

なお、一通り改善方法を実践しても、一向に口呼吸が治らない場合には、鼻や耳、またはその他の器官に、なにか別の病気が隠れている可能性も否定できませんので、一度かかりつけのお医者さんに相談してみましょう。