プラズマローゲンEXの効果を確かめる方法

プラズマローゲンEX

プラズマローゲンEXは、機能性表示食品にもなりましたし、その効果に対する期待値も、グングン上昇していることは確かなのですが、

それでもやっぱり、効果があるのかないのかはっきり確認してみたい。

そうお考えの方も多いことと思います。

でも、どれだけ口コミ情報をたくさん見ても、プラズマローゲンに関する書籍、ネット上の記事を細かく読み込んでも、プラズマローゲンEXがあなたや、あなたの大切な人に効果をもたらしてくれるのかどうかは、実際問題分かりません。

では、どうやってプラズマローゲンEXの効果を確認すればいいのか?

それはやっぱり、効果があるのかないのかは、あなた自身が試してみる他ないのです。

「なんだ、そんなオチか」

と、もしあなたが思ったとすれば、あなたはあなたのお悩みを、どうやって解決なさるお積りでしょうか?

忍び寄る認知機能のお悩みに、どのように対峙されるお積りでしょうか?

今現在、プラズマローゲンEXの購入を検討しておられるということは、なにか少しでも “そのきざし” があるからではないでしょうか?

それならば、早ければ早いに越したことはありません。

しっかりとした対策を立てて、未来に目を向けるほかありません。

今なら、プラズマローゲンEXが機能性表示食品として発売されたことを記念して、特別モニターを募集しています。

大変安価でプラズマローゲンEXが試せるようです。

こちら⇒ ご家族の不安に、認知対策サプリメント

モニターの募集が終了してしまう前に、ぜひともお試しになってみてください。

プラズマローゲンEXの効果を臨床試験の結果から検証してみる

そうは言っても、試すにしても試さないにしても、プラズマローゲンEXとはどのようなものかを知っておかないと、決断の一歩を踏み出せない方もいらっしゃるかもしれません。

実はプラズマローゲンEXはすでに、さまざまな臨床試験を行ってきています。

対象となった方は、健康な方で認知機能で悩んでいる40歳~77歳までの男女48名の方です。

【臨床試験結果 MMSEの得点の改善】

MMSEというのは、Mini Mental State Examination(ミニメンタルステート検査)の略語で、計11項目から構成される30点満点の認知機能スクリーニング検査です。

結果はこの通り。

mmse検査

12週間で改善がみられたようです。

プラセボ群というのは、被験者の思い込みを排除するために、試験物質の代わりに人体に影響の出にくい物質を配合して、試験食と区別がつかないようにしたものを摂取させたグループのことです。

試験で得られた結果が、試験食によるものか、あるいは思い込みにようるものかを明らかにするために用いられます。

ここではすべてをご紹介しきれませんか、プラズマローゲンEXの公式サイトには、さらに多くの臨床試験結果が掲載されていますので気になる方は参考になさってください。

プラズマローゲンEXの喜びの声

プラズマローゲンEXを実際に購入した方の喜びの声が届いています。

文字になった口コミ情報を見るより、実際に試した方が語っている動画を見る方が真実味が沸いてくるかも知れません。

気になる方はご覧になってみてください。

また、プラズマローゲンEXの公式サイトには、実にたくさんの口コミ情報も掲載されていますので、ぜひ参考になさってください。

プラズマローゲンEXといっしょにはじめたいこんな生活習慣

プラズマローゲンEXは、機能性表示食品にもなっていて、大変すぐれたサプリメントですが、それだけに頼っていたのでは、悩みの改善への道のりも、遥か彼方に遠ざかってしまう可能性も否定できません。

そこで今回は、プラズマローゲンEXといっしょにはじめたいちょっとした生活習慣についてご紹介してみたいと思います。

【運動習慣】

認知症の危険性は運動で下げることが期待できると言われています。

どんな運動が効果的かというと、基本は「有酸素運動」です。

でも、ランニングなどの激しい有酸素運動は、長続きさせることが大変むずかしく、なにより高齢の方にとっては、とてもじゃないですが、走ることはそうそう習慣化することは難しいかもしれません。

そこでおすすめなのが「ウォーキング」です。

「ウォーキング」は歩くだけなので、誰でも気軽に始められますが、ただ歩くだけでも、いくつかのポイントがあります。

まず、歩く速度ですが、無理のない範囲で、軽く息が弾む程度の速度をキープするのが理想的です。

でもそれが困難なら、普通の歩く速度、または体調に合わせて、ゆっくり歩く日があっても全然OKです。

持病のある方は無理をせずに、かかりつけのお医者さんと相談の上、運動するようにしてください。

運動時間の目安は1日30分くらいで構いません。

また、30分連続で歩くことが難しければ、10分を3回に分けてもOKです。

そして歩いているときに、ただ漠然と歩くのではなく、いろいろと頭を働かせながら歩くことを心がけましょう。

例えば「しりとり」。

頭の中でしりとりをしながら歩きます。声に出してみてもいいかもしれません。

または計算。

100から3をずっと引いていく。それが終われば次は100から7を引いていく。

このような計算を繰り返します。

【食事習慣】

食事の習慣でおすすめなのは、「青魚」を食べることです。

青魚には「DHAとEPA」という脂肪酸が多く含まれているのですが、この脂肪酸が、人間の体にとって大変有益であることが、近年の研究報告で明らかになってきています。

水産庁のホームページの「タンパク質のみならず多様な栄養素を含む水産物」という項の中に、次のような表が掲載されています。

水産物に含まれる主な機能性成分

DHAの欄をご覧ください。

「脳の発達促進」「認知症予防」という言葉が見て取れます。

またEPAには、「血栓予防」や「高血圧予防」といった、高齢の方が気になる文言も入っています。

「DHAとEPA」が多く含まれる主な魚の種類は次の通りです。

マグロ(脂身)、ブリ、サバ、サンマ、イワシ、アジ など

また、魚を買ってきて料理するのが面倒な方なら、魚の缶詰でもOKです。

イワシやサンマ、サバの缶詰なら、スーパーでも安価で売っていて、そのままでも食べられますから大変便利です。

できるだけ毎日魚を食べる食習慣を身につけることは、こと健康の観点から考えても、大変有効なことと言えるでしょう。